「共に生きる」ための経済学

書誌事項

「共に生きる」ための経済学

浜矩子著

(平凡社新書, 820)

平凡社, 2020.9

タイトル別名

共に生きるための経済学

タイトル読み

トモ ニ イキル タメ ノ ケイザイガク

大学図書館所蔵 件 / 82

注記

分断を“超えて"連帯へ-。第三次グローバル化時代に一国主義と排外主義が台頭する中で、異なるもの同士は、いかにして真の共生を築けばいいのか。エコノミストの観点から問題点をあぶり出し、その解説策を探る。

内容説明・目次

内容説明

経済活動とはなにか、どうあるべきか—。その問いに著者は、人間による人間のための営みである以上、人間を幸せにできなければ、その名に値しないと述べる。そして、まともな経済活動のあり方と共に生きる社会のあり方は、ほぼぴったり二重写しになるというのである。第三次グローバル化時代に一国主義と排外主義が台頭する中で、異なるもの同士は、いかにして真の共生を築けばいいのか。エコノミストの観点から問題点をあぶり出し、その解決策を探る。

目次

  • 第1章 違うからこそ共に生きる
  • 第2章 共に生きるとはどう生きることか
  • 第3章 カネの暴走からヒトの共生をどう守るか
  • 第4章 つながり過ぎていて共生できない
  • 第5章 国境を「超えて」共に生きる
  • 終章 真の共生はいずこに

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BC02615809
  • ISBN
    • 9784582858204
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    213p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ