書誌事項

ローマ建国以来の歴史

リウィウス [著] ; 安井萠訳

(西洋古典叢書)

京都大学学術出版会, 2020.9

  • 6

タイトル別名

Titi Livi Ab urbe condita

タイトル読み

ローマ ケンコク イライ ノ レキシ

大学図書館所蔵 件 / 53

注記

底本: C.F. Walters, R.S. Conway (eds.), Titi Livi ab urbe condita, Tomus III. Libri XXI-XXV, Oxford 1929

文献: p318-321

月報あり

収録内容

  • 6: ハンニバル戦争2

内容説明・目次

内容説明

カンナエの戦いでカルタゴの名将ハンニバルに大敗を喫したローマは、敵側へなびいた諸都市とも干戈を交えることを余儀なくされる。忠実な同盟者ヒエロン王亡き後のシュラクサイ攻囲では、アルキメデス考案の新兵器に苦しめられる一方、ヒスパニアではハスドルバルら率いるカルタゴ軍にスキピオ兄弟が相次いで討たれ、戦局は次世代の指揮官の登場を待望しはじめる。本邦初完訳。

目次

  • 第二三巻
  • 第二四巻
  • 第二五巻

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BC02782094
  • ISBN
    • 9784814002818
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    lat
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    323, 20p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ