ドイツ人はなぜヒトラーを選んだのか : 民主主義が死ぬ日

書誌事項

ドイツ人はなぜヒトラーを選んだのか : 民主主義が死ぬ日

ベンジャミン・カーター・ヘット著 ; 寺西のぶ子訳

(亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ, 3-13)

亜紀書房, 2020.10

タイトル別名

The death of democracy

タイトル読み

ドイツジン ワ ナゼ ヒトラー オ エランダノカ : ミンシュ シュギ ガ シヌ ヒ

大学図書館所蔵 件 / 79

注記

ナチ党が政権をとるまでの主な出来事: p408-409

参考文献: p410-411

内容説明・目次

内容説明

ナチ党の活動は、第一次大戦後に英米が押し進める国際協調、経済的にはグローバリゼーションに対する抵抗だった。戦後賠償だけがドイツを追い詰めたわけではない。ロシア革命などによる東方からの難民、共産主義への保守層の拒否感、社会の激しい分断、正規軍と準軍事組織の割拠、世界恐慌、「ヒトラーはコントロールできる」とするエリートたちの傲慢と誤算。それらを詳細に追いながら、ヒトラーが完全にドイツを掌握するまでを描く。

目次

  • 1 八月と一一月
  • 2 「信じてはいけない、彼が本当のことを言っていると」
  • 3 血のメーデーと忍び寄る影
  • 4 飢餓宰相と世界恐慌
  • 5 国家非常事態と陰謀
  • 6 ボヘミアの上等兵と貴族騎手
  • 7 強制的同質化と授権法
  • 8 「あの男を追い落とさねばならない」

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ