マンスキー データ分析と意思決定理論 : 不確実な世界で政策の未来を予測する

書誌事項

マンスキー データ分析と意思決定理論 : 不確実な世界で政策の未来を予測する

チャールズ・マンスキー著 ; 高遠裕子訳

ダイヤモンド社, 2020.9

タイトル別名

Public policy in an uncertain world : analysis and decisions

マンスキーデータ分析と意思決定理論 : 不確実な世界で政策の未来を予測する

データ分析と意思決定理論 : マンスキー : 不確実な世界で政策の未来を予測する

タイトル読み

マンスキー データ ブンセキ ト イシ ケッテイ リロン : フカクジツナ セカイ デ セイサク ノ ミライ オ ヨソク スル

大学図書館所蔵 件 / 174

注記

監訳: 奥村綱雄

参考文献: p318-328

内容説明・目次

内容説明

原始的なデータサイエンスから脱却せよ。ありもしない仮定に基づいた単純な分析は、もはや害である。米国科学アカデミー会員による豊富な事例と平易な解説で、最新理論「部分識別」のコンセプトがわかる!未知の感染症に有効な治療薬を選ぶには?奨学金を増やすと大学進学率は上がるのか?所得格差は遺伝と環境のどちらが重要なのか?すべてのデータサイエンティスト・ジャーナリスト・行政職員必読!

目次

  • 第1部 データ分析編(「強い結論」欲しさに政策分析の信頼性が犠牲にされている;政策の効果を予測する;新しい政策に対する人々の行動を予測する)
  • 第2部 意思決定理論編(単純な状況下で部分的な知識に基づいて意思決定をする;複雑な状況下で部分的な知識に基づいて意思決定をする;データ分析の「消費者」へ)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ