書誌事項

インド神話

沖田瑞穂編訳

(岩波少年文庫, 253)

岩波書店, 2020.10

タイトル読み

インド シンワ

大学図書館所蔵 件 / 25

注記

色彩あふれるインド神話の世界-。原初の海にただよう黄金の卵、不死の飲み物アムリタ、第三の目を額に持つシヴァ、吉祥の女神シュリー…。インドの古い神話ヴェーダやヒンドゥー教の聖典に伝わる物語を集めた神話集。

内容説明・目次

内容説明

原初の海にただよう黄金の卵から世界が生まれ、悪魔と神々が力をあわせて不死の霊薬をうみだす。力強い女神たちやふしぎな力を操る聖仙たち…。ヴェーダやヒンドゥー教の聖典に伝わる物語を集めた神話集。さし絵・スズキコージ。小学5・6年以上。

目次

  • 第1部 世界のはじまり—ヴェーダの神話(黄金の卵;巨人プルシャ—もう一つの世界創造神話 ほか)
  • 第2部 世界が整えられる—ヒンドゥー教の神話(不死の霊水アムリタ;神々と悪魔、乳の海をかきまぜる ほか)
  • 第3部 四つのユガと世界の終わり—ブラフマー、ヴィシュヌ、シヴァ(四つの宇宙紀と、世界の終わりとはじまり;神々と悪魔たちの祖父、ブラフマー ほか)
  • 第4部 世界を動かす女神たち(吉祥の女神シュリーの誕生;シュリー、王を選ぶ ほか)
  • 第5部 人間と神々の物語(ウッタンカと王妃の耳輪;太陽の娘とサンヴァラナ王 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ