書誌事項

イギリス近代の中世主義

マイケル・アレクサンダー著 ; 野谷啓二訳

白水社, 2020.11

タイトル別名

Medievalism : the Middle Ages in modern England

タイトル読み

イギリス キンダイ ノ チュウセイ シュギ

大学図書館所蔵 件 / 105

注記

原著改訂版(Yale University Press, 2017)の翻訳

参考文献: 巻末p36-41

索引あり

1760年代、イングランドに、それまで見られなかったような中世に対する関心が生まれ、中世的な様式が復活した。文学作品を中心に、多岐に渡る分野に及んだ一大文化運動の諸相を分析し、イギリスの文化史をたどる。

内容説明・目次

内容説明

十八世紀半ばに始まり、文学・政治・宗教・建築・絵画の領域に広がった、過去を回復し新たに中世に範を求める動きを、文学に現われた変化を縦軸としてたどるイギリス文化史。

目次

  • ゴート人到来—一七六〇年代における中世
  • 騎士道、ロマンス、復興—チョーサーからスコットへ 『最後の吟遊詩人の歌』と『アイヴァンホー』
  • 宗教の薄明—『最後の吟遊詩人の歌』、『クリスタベル』、「聖アグネス祭の前夜」
  • 「貧窮者のための住居」—『対比』のピュージン
  • 一八四〇年代のバック・トゥ・ザ・フューチャー—カーライル、ラスキン、『シビル』、ニューマン
  • 「『アーサー王の死』がお気に入りの本だった」—マロリーからテニスンへ
  • 歴史、中世復興とラファエル前派—ウェストミンスター宮殿、『アイヴァンホー』、ヴィジョンとリヴィジョン
  • 歴史と伝説—詩と絵画の主題
  • 労働者と共通善—マドックス・ブラウン、モーリス、モリス、ホプキンズ
  • 百合と雑草—ホプキンズ、ホイッスラー、バーン=ジョーンズ、ビアズリー〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ