絵本のようにめくる城と宮殿の物語

書誌事項

絵本のようにめくる城と宮殿の物語

石井美樹子監修

昭文社, 2020.12

タイトル別名

Castles and palaces

城と宮殿の物語 : 絵本のようにめくる

タイトル読み

エホン ノ ヨウニ メクル シロ ト キュウデン ノ モノガタリ

大学図書館所蔵 件 / 21

注記

参考文献: p142

内容説明・目次

内容説明

愛欲、嫉妬、怨嗟…。栄華を極めた城と宮殿に刻まれたリアルな人間ドラマ。

目次

  • 城と宮殿 発展の歴史
  • 1章 伝説に彩られた城・宮殿(ノイシュヴァンシュタイン城—白亜の城に再現された中世騎士道文学の世界!;アルハンブラ宮殿—最後の主が「楽園」と評した「赤い宮殿」;ユッセ城—ロワール渓谷には『眠れる森の美女』の城が佇む ほか)
  • 2章 愛憎劇と陰謀渦巻く城・宮殿(シェーンブルン宮殿—壮麗・壮大な宮殿に暮らした仲睦まじい女帝一家;エカテリーナ宮殿—ロシアの女帝が、宮殿で重ねた華麗なる愛人遍歴;トプカプ宮殿—オスマン帝国のハレムに暮らした女性たちは、白人奴隷だった! ほか)
  • 3章 歴史の舞台となった城・宮殿(シャンボール城—ルネサンスにのめりこんだフランス王が、宿敵に見せびらかした自慢の城;ルーヴル宮殿—ブルボン家の大宮殿が、世界最大級の美術館に生まれ変わった!;ホーエンツォレルン城—ドイツ皇帝家発祥の地となった天空の出世城 ほか)
  • ヨーロッパの城・宮殿地図

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ