書誌事項

トライバル化する世界 : 集合的トラウマがもたらす戦争の危機

クルト・ドゥブーフ著 ; 小松﨑利明, 武田健, 松尾秀哉訳

明石書店, 2020.12

タイトル別名

Tribalization : why war is coming

タイトル読み

トライバルカ スル セカイ : シュウゴウテキ トラウマ ガ モタラス センソウ ノ キキ

大学図書館所蔵 件 / 90

注記

監訳: 臼井陽一郎

文献案内: p227-234

内容説明・目次

内容説明

自分が所属する集団だけが正しいと信じ、他を制圧しようとする「トライバル(部族)化」の動きが世界中で加速している。過激化し、壊れゆく社会は戦争へ向かって進んでしまうのか?—20世紀前半、誰もそれを止めることができなかったように。

目次

  • 戦争になる理由
  • ローマかモスクワか、それともカリフ制国家か
  • 旗への回帰
  • グローバル化の終焉
  • 劇的な変化
  • 見失われた方向性
  • いいかい、問題は経済なんかじゃないんだよ
  • アイデンティティの危機とは何か
  • どうして曽祖父はナチスに入ったのか
  • 1930年代版グローバル化の途絶
  • 2001年9月11日とトライバル化の再生
  • 来たるべき戦争を止める方法

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ