書誌事項

家族支援の一歩 : 中釜洋子選集 : システミックアプローチと統合的心理療法

中釜洋子著 ; 田附あえか [ほか] 編

遠見書房, 2021.1

タイトル別名

Nakagama Hiroko

中釜洋子選集 : 家族支援の一歩 : システミックアプローチと統合的心理療法

タイトル読み

カゾク シエン ノ イッポ : ナカガマ ヒロコ センシュウ : システミックアプローチ ト トウゴウテキ シンリ リョウホウ

大学図書館所蔵 件 / 66

注記

その他の編者: 大塚斉, 大西真美, 大町知久

略歴: p201-205

文献あり

収録内容

  • 文脈療法の現代的意味
  • 家族心理学の立場からみた子どものこころの問題
  • 思春期・青年期の障がい・問題行動と心理療法
  • 家族における心理的不在のわりきれなさをめぐって
  • 夫婦問題(カップル・カウンセリング)の事例研究
  • 面接室の「内」と「外」
  • 家族療法における言葉の使い方
  • 夫婦間不和が認められる事例
  • 気持ちを伝えられない子どもたち : 自己開示をためらわすもの
  • 保護者とどう付き合うか? : 家族療法の視点から
  • 家族の視点からとらえた主体の危機と臨床
  • 臨床実践のなかで家族はどのように扱われるか : 家族療法を謳うカウンセリングルームからの発信
  • 説き明かし・私の家族面接 : 初回面接の実際(オリエンテーション~面接)

内容説明・目次

内容説明

心理療法家・中釜洋子。東京大学教授として、統合的心理療法や家族援助・家族療法の分野で多大な功績を残し、多くの臨床家を育ててきた。2012年に急逝した。本書は、膨大な業績のなかから、中釜の教えを受けてきた4人が選りすぐりの論文を集めたものである。また中釜が行ったケースの逐語も収録。

目次

  • 第1部 子どもと家族(文脈療法の現代的意味;家族心理学の立場からみた子どものこころの問題;思春期・青年期の障がい・問題行動と心理療法;家族における心理的不在のわりきれなさをめぐって)
  • 第2部 事例からみるシステミックアプローチ(夫婦問題(カップル・カウンセリング)の事例研究;面接室の「内」と「外」;家族療法における言葉の使い方;夫婦間不和が認められる事例)
  • 第3部 家族療法家を生きる(気持ちを伝えられない子どもたち—自己開示をためらわすもの;保護者とどう付き合うか?—家族療法の視点から;家族の視点からとらえた主体の危機と臨床;臨床実践のなかで家族はどのように扱われるか—家族療法を謳うカウンセリングルームからの発信)
  • 第4部 実際の事例をめぐって(説き明かし・私の家族面接 初回面接の実際(オリエンテーション〜面接))
  • 付録

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BC04872700
  • ISBN
    • 9784866161112
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    三鷹
  • ページ数/冊数
    222p
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ