書誌事項

幣原喜重郎

種稲秀司著 ; 日本歴史学会編集

(人物叢書 / 日本歴史学会編集, [通巻308])

吉川弘文館, 2021.3

タイトル読み

シデハラ キジュウロウ

大学図書館所蔵 件 / 207

注記

「新装版」は親書誌にかかる

略系図: p292-293

略年譜: p294-300

参考文献: p301-321

シリーズ番号はジャケットによる

内容説明・目次

内容説明

近代日本の外交官・政治家。ワシントン会議では全権を務め、後に外相として国際協調と中国内政不干渉を掲げた幣原外交を展開。満洲事変収拾に挫折し退くが、敗戦後首相に指名され日本国憲法の草案を発表した。幣原の生涯を、多彩な史料や新聞雑誌記事、議会議事録などを駆使して辿り、複雑な政治事情の中で貫き通した外交理念、信念を考える。

目次

  • 第1 おいたち—親の熱意と人の縁
  • 第2 外務省入省と結婚
  • 第3 日露戦争からワシントン会議まで—幣原協調外交の形成過程
  • 第4 第一次外相時代と田中外相期
  • 第5 満洲事変とその前夜—第二次外相時代
  • 第6 満洲事変後から第二次世界大戦期まで—在野時代
  • 第7 内閣総理大臣への就任と日本国憲法の誕生
  • 第8 終戦直後の政党政治—政党政治家時代
  • 第9 日本の外交官・幣原喜重郎—現実主義と理想主義のはざまで

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

  • 人物叢書

    日本歴史学会編集

    吉川弘文館 1985.6- 新装版

詳細情報

ページトップへ