フランス文学の楽しみかた : ウェルギリウスからル・クレジオまで

書誌事項

フランス文学の楽しみかた : ウェルギリウスからル・クレジオまで

永井敦子, 畠山達, 黒岩卓編著

(シリーズ・世界の文学をひらく, 2)

ミネルヴァ書房, 2021.4

タイトル別名

フランス文学の楽しみかた : ウェルギリウスからルクレジオまで

タイトル読み

フランス ブンガク ノ タノシミカタ : ウェルギリウス カラ ル・クレジオ マデ

大学図書館所蔵 件 / 153

注記

読書案内: p227-237

内容説明・目次

内容説明

古代から現代まで、歴史ものや恋愛小説、詩または哲学書など、多種多様な55作品を厳選し、作品の面白さを紹介するとともに、作品の背後に広がる奥深い世界へ誘う。さらに、文学が読まれてきた歴史、文学の描くさまざまな土地にも目を向けることで、フランス文学は読者の「向こう側にある世界」だけでなく、実は「読者自身の世界」をも描いていることに気づいてもらいたい。「フランス文学ってどこが面白いのだろうか」「フランス文学について知りたい」「フランスの面白い作品に出会いたい」と考えるすべての人に届けたい一冊。

目次

  • 第1部 ここが面白いフランス文学—作品・作家紹介(古代;中世;16世紀;17世紀;18世紀;19世紀;20世紀)
  • 第2部 その一歩先へ—文学のあり方とさまざまなテーマ(フランス語・フランス文学の変遷と日本;世界に働きかける文学;フランス語で書く人々とその背景;多様な芸術との関わり;人間をとらえるさまざまな視点)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ