ジェイン・オースティンのグロテスクな笑い : 困った人たち

書誌事項

ジェイン・オースティンのグロテスクな笑い : 困った人たち

岡本由恵著

春風社, 2021.3

タイトル別名

ジェインオースティンのグロテスクな笑い : 困った人たち

タイトル読み

ジェイン・オースティン ノ グロテスクナ ワライ : コマッタ ヒト タチ

大学図書館所蔵 件 / 35

注記

参考文献: p287-296

内容説明・目次

内容説明

人間の愚かさや醜さを典雅なユーモアで包み込み、怒りを笑いに昇華させるオースティン。初期の作品群、中期の『高慢と偏見』、後期の『エマ』を取りあげ、それぞれの作品における笑いの性質とその変化を明らかにする。

目次

  • 世の中、嫌な人ばかり
  • 第1部 初期作品(暴力と犯罪にまみれた世界)
  • 第2部 中期長編小説『高慢と偏見』(娘の結婚に躍起となるミセス・ベネット;愛とは無縁のミスター・コリンズ)
  • 第3部 後期長編小説『エマ』(自分を中心に世界が回る—ミスター・ウッドハウス;劣等意識に囚われるエルトン夫妻;オースティンの人間哲学を読む—ミス・ベイツ)
  • 第4部 『エマ』における諸問題(他者と比べる人々—優劣に囚われるエマ;エマと不機嫌な人々;『エマ』における「施し」と見返り)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BC06715215
  • ISBN
    • 9784861107313
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    横浜
  • ページ数/冊数
    296, vip
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ