書誌事項

フランス絶対主義 : 歴史と史学史

ファニー・コザンデ, ロベール・デシモン [著] ; フランス絶対主義研究会訳

岩波書店, 2021.4

タイトル別名

L'absolutisme en France : histoire et historiographie

タイトル読み

フランス ゼッタイ シュギ : レキシ ト シガクシ

大学図書館所蔵 件 / 120

注記

原著 (Paris : Seuil, 2002) の翻訳

科学研究費基盤C「比較による日本の近世フランス史学のための基礎的研究 : 語彙をめぐる検討から」 (2017-2019年、代表高澤紀恵) の成果

訳者解題に「翻訳事業には、公益財団法人小西国際交流財団より助成をいただいた」とあり

参考文献: 巻末p13-43

内容説明・目次

内容説明

それは本当に、国家と社会を隅々まで支配する「絶対権力」だったのか。他国とは異質の、特殊フランス的事象だったのか。そして近代フランスは、それと完全に断絶しているのだろうか。—多言語にわたる膨大な研究蓄積を消化して、絶対主義の理論と実践、さらには歴史観を総体的にとらえ直す。ヨーロッパ近世の歴史・思想を考えるために必読の書。

目次

  • 歴史の中の絶対主義、史学史の中の絶対主義
  • 第1部 絶対主義—王政による理論的構築(立法権をめぐる理論としての絶対主義;「立憲体制」としての絶対主義—基本法と慣習法;王権神授説と国家理性)
  • 第2部 絶対主義—王政による実践的構築(諸身分への諮問なく統治する王;絶対主義の手段—国家装置の構築と集権化;絶対主義への抵抗)
  • 第3部 絶対主義は神話か(絶対主義とクロノロジー;絶対主義は存在しなかったのか;絶対主義は全体主義ではない)
  • 結論 絶対主義概念の読み直しに向けて

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ