食料・農業の深層と針路 : グローバル化の脅威・教訓から

書誌事項

食料・農業の深層と針路 : グローバル化の脅威・教訓から

鈴木宣弘著

創森社, 2021.4

タイトル別名

食料農業の深層と針路 : グローバル化の脅威教訓から

タイトル読み

ショクリョウ・ノウギョウ ノ シンソウ ト シンロ : グローバルカ ノ キョウイ・キョウクン カラ

大学図書館所蔵 件 / 66

注記

文献あり

内容説明・目次

内容説明

安全・安心な食料確保へ。牛肉、小麦、大豆、柑橘など危ない輸入農産物が急増。過度な自由貿易拡大による誤謬・代償と持続可能な食・農・環境・地域の活路を提起。

目次

  • 1章 安全基準に逆走するリスク農産物輸入増
  • 2章 農業保護が当然の根拠—欧米日などの違いから
  • 3章 貿易政策の変化と食料自給率を再検証
  • 4章 グローバル化の歪みで食・農が貶められる
  • 5章 生存の基盤を守る農林漁業の下支えへ
  • 6章 食・農の世界潮流と足もとからの立て直し

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ