森林で日本は蘇る : 林業の瓦解を食い止めよ

書誌事項

森林で日本は蘇る : 林業の瓦解を食い止めよ

白井裕子著

(新潮新書, 909)

新潮社, 2021.6

タイトル読み

シンリン デ ニホン ワ ヨミガエル : リンギョウ ノ ガカイ オ クイトメヨ

大学図書館所蔵 件 / 76

内容説明・目次

内容説明

日本の森林は多様性、豊かさともに世界がうらやむような資源である。しかし、国はその活かし方を理解できていない。全国一律の補助金でコントロールする発想、素晴らしい伝統木造をないがしろにする制度、合理性に欠けるバイオマス発電推進、そして国民が知らぬ間に導入される新税…。これでは宝の持ち腐れが進む一方ではないだろうか。国内外に足を運び、考え続けてきた研究者だからこそ書ける切実なメッセージ。

目次

  • 第1章 日本の建築基準法には自国の伝統木造は存在しない
  • 第2章 自国の伝統文化は国益に直結する
  • 第3章 山麓の小さな製材所が持つ大きな可能性
  • 第4章 誰のためのバイオマス発電か
  • 第5章 美しい山林から貴重な銘木が採れる列島なのに…
  • 第6章 森林資源の豊かさと多様性を生かせない政策
  • 第7章 山中で価値ある木々が出番を待っている
  • 第8章 林業機械から分かること
  • 第9章 いつの間にか国民から徴収される新税

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ