書誌事項

恋愛のディスクール : セミナーと未刊テクスト

ロラン・バルト著 ; 桑田光平 [ほか] 訳

(叢書記号学的実践, 32)

水声社, 2021.10

タイトル別名

Le discours amoureux : séminaire à l'école pratique des hautes études, 1974-1976 ; suivi de Fragments d'un discours amoureux (pages inédites)

Le discours amoureux : séminaire á l'école pratique des hautes études, 1974-1976 suivi de Fragments d'un discours amoureux : inédits, sous la direction d'Éric Marty

タイトル読み

レンアイ ノ ディスクール : セミナー ト ミカン テクスト

大学図書館所蔵 件 / 65

注記

その他の訳者: 桑名真吾, 鈴木亘, 須藤健太郎, 内藤真奈, 平田周, 本田貴久, 宮脇永吏

「Roland Barthes:"Le discours amoureux : séminaire á l'école pratique des hautes études, 1974-1976 suivi de Fragments d'un discours amoureux : inédits, sous la direction d'Éric Marty" Présentation et édition de Claude COSTE, Éditions du Seuil, 2007」奥付による

書誌: p531-539

内容説明・目次

内容説明

バルトの思考の生成過程がここに!大学の官僚主義や順応主義を逃れ、フランス思想に大きな影響を与えてきた、コスモポリタン的な教育機関である高等研究実習院で、一九七四年から一九七六年の二年間にわたって開講された「恋愛のディスクール」に関するセミナーの記録。当初は一〇〇あったフィギュールが八〇に縮減され、『恋愛のディスクール・断章』として刊行されているが、二年間のセミナーの記録と未刊テクストからなる本書では、バルトが展開した知的な作業の全体をまるごと見ることができ、創造の舞台裏が、講義から書物へ、口述から筆記への移行だけでなく、草稿からテクストへの変容の道筋が明らかとなる。

目次

  • セミナー1(1974‐1975)(フィギュール1(「魂を奪われる」)からフィギュール99(「見られる」)まで;方法論らしきもの;フィギュール100(「成就した恋愛?」) ほか)
  • セミナー2(1975‐1976)(フィギュール(「私は‐あなたを‐愛しています」から「不在」まで);導入部を簡単に振り返る;フィギュール(「素晴らしい」から「通過儀礼」まで) ほか)
  • 恋愛のディスクール断章(未刊テクスト)(概要;未刊のフィギュール群;この書物はどのように作られているか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BC10704904
  • ISBN
    • 9784801004894
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    fre
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    562p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ