動物という隣人 : 共感と宗教から考える動物倫理

書誌事項

動物という隣人 : 共感と宗教から考える動物倫理

鬼頭葉子著

新教出版社, 2023.2

タイトル読み

ドウブツ ト イウ リンジン : キョウカン ト シュウキョウ カラ カンガエル ドウブツ リンリ

大学図書館所蔵 件 / 65

この図書・雑誌をさがす

内容説明・目次

内容説明

動物の権利は関係的権利であり、脆弱性が権利の源泉となる。脆弱性とは有限性と依存性であり、依存性ゆえにすべての生は連帯し、関係的存在となりうる。脆弱性はときに苦しみをもたらすが、その苦しみに対する共感が共同体における合意形成を促し、動物への配慮を権利化する。そして宗教は、動物を含むすべての生に対する脱人間中心主義的な視点を提供し、アガペーとケノーシスに基づく倫理的配慮の可能性をも示唆する。

目次

  • 第1章 動物倫理の思想史(哲学における動物の位置づけ;シンガー、レーガンの動物倫理とそれに対する批判;フェミニズムおよび徳倫理学に基づく動物倫理;キリスト教神学に基づく動物倫理)
  • 第2章 現代の哲学、倫理学における共感という感情(共感概念の思想史;シェーラーの共感概念と宗教哲学;ヌスバウムの同情概念;スロートの共感概念と社会正義;動物倫理に資する共感概念)
  • 第3章 日本における動物倫理の思想的可能性(日本文化における動物の地位;動物供養と動物倫理;西谷啓治の宗教哲学と動物倫理)
  • 第4章 肉食と動物倫理—キリスト教神学からのアプローチ(食に関する神学と動物神学;キリスト教神学における憐れみと美徳;食べることと美徳)
  • 第5章 多様な動物の包摂—新たな動物倫理モデルの検討(動物権利論とケアに基づく動物倫理の課題;権利概念の再考;関係概念の再考;権利・共感・宗教モデルと動物への倫理的配慮の拡張)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BD01107683
  • ISBN
    • 9784400407607
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    408, xip
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ