軍事力で平和は守れるのか : 歴史から考える Can military power protect peace? : historical perspectives

書誌事項

軍事力で平和は守れるのか : 歴史から考える = Can military power protect peace? : historical perspectives

南塚信吾 [ほか] 著

岩波書店, 2023.8

タイトル別名

軍事力で平和は守れるのか : 歴史から考える

タイトル読み

グンジリョク デ ヘイワ ワ マモレルノカ : レキシ カラ カンガエル = Can military power protect peace? : historical perspectives

大学図書館所蔵 件 / 126

注記

その他の著者: 油井大三郎, 木畑洋一, 山田朗

参考文献一覧: 各章末, 各コラム末

内容説明・目次

内容説明

世界中で高まる防衛力強化への潮流は、本当に戦争の抑止につながるのだろうか。戦争・軍事・平和をめぐる我々人類百余年の営みはどのようなものだったのか。近現代における世界・日本の戦争から軍事力がもった意味を問い直し、平和への教訓を探る。これからの日本と東アジアを一人ひとりが考えていくために土台となる一冊。

目次

  • 第1部 ウクライナから考える(ウクライナ戦争はどのようにして起こったのか;NATOの東方拡大は戦争を抑止したのか)
  • 第2部 近現代世界史の中の戦争と平和(どのような戦争が起こってきたか;軍拡が戦争を呼び起こす;戦争を許さない世界を求めて ほか)
  • 第3部 日本をめぐる戦争と平和(日本の戦争から考える―軍事同盟と“戦争放棄”;東アジアの戦争をどう防ぐか)
  • おわりに 戦争と平和を歴史から考える

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ