書誌事項

ギリシア哲学の最前線

井上忠, 山本巍編訳

東京大学出版会, 1986.3

  • 1
  • 2

タイトル読み

ギリシア テツガク ノ サイゼンセン

大学図書館所蔵 件 / 147

注記

文献あり

内容:1 エレア派の問い(G.E.L.オーエン ; 山本巍訳), ソクラテスの論駁法(G.ヴラストス ; 田中享英訳), プラトン対話篇における『ティマイオス』の位置(G.E.L.オーエン ; 篠崎栄訳), 『パルメニデス』における第三人間論(G.ヴラストス ; 渡辺邦夫訳), ソクラテスと陪審員たち-プラトンによる知識と真なる信念の区別におけるパラドクス(M.F.バーニェト ; 天野正幸訳), 2 内属性(G.E.L.オーエン ; 大島保彦訳), アリストテレスと存在論の罠(G.E.L.オーエン ; 上林昌太郎訳), アリストテレスの心の概念(J.バーンズ ; 高橋久一郎訳), アリストテレスと善き人への学び(M.F.バーニェト ; 神崎繁訳), アリストテレスの快楽論(G.E.L.オーエン ; 荻野弘之訳)

内容説明・目次

巻冊次

1 ISBN 9784130100199

内容説明

いまやギリシア哲学は、哲学史の物語に閉じこめられることなく、われわれ自身が思索し哲学する〈知〉の最前線をさし示すものになった.戦後から80年代までギリシア哲学研究史上に一時期を画し、数多の論議を呼んだ問題作を精選して2巻に収める。

目次

  • 1 エレア派の問い(G.E.L.オーエン)
  • 2 ソクラテスの論駁法(G.ヴラストス)
  • 3 プラトン対話篇における『ティマイオス』の位置(G.E.L.オーエン)
  • 4 『パルメニデス』における第3人間論(G.ヴラストス)
  • 5 ソクラテスと陪審員たち(M.F.バーニェト)
巻冊次

2 ISBN 9784130100205

内容説明

いまやギリシア哲学は、哲学史の物語に閉じこめられることなく、われわれ自身が思索し哲学する〈知〉の最前線をさし示すものになった.戦後から80年代までギリシア哲学研究史上に一時期を画し、数多の論議を呼んだ問題作を精選して、それぞれに詳しい解題を付す.

目次

  • 1 内属性(G.E.L.オーエン)
  • 2 アリストテレスと存在論の罠(G.E.L.オーエン)
  • 3 アリストテレスの心の概念(J.バーンズ)
  • 4 アリストテレスと善き人への学び(M.F.バーニェト)
  • 5 アリストテレスの快楽論(G.E.L.オーエン)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN00289814
  • ISBN
    • 413010019X
    • 4130100203
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    2冊
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ