書誌事項

ファイバ・光通信

J. C. Palais原著 ; 佐藤平八訳

森北出版, 1986.11

タイトル別名

Fiber optic communications

タイトル読み

ファイバ・ヒカリ ツウシン

大学図書館所蔵 件 / 109

注記

参考文献: 各章末

参考書一覧: p277-280

内容説明・目次

内容説明

本書は、会社の技術者、工学および技術系の学生、実務者その他の人びとが必要としている完全な光ファイバシステムに関する標準的構成要素のすべてを理解させ、また設計仕様に至る基礎的情報を網羅している。総合的な光ファイバシステムのブロック図を完備した上でこの本は、基本的な代数学や三角法のみを使用し、すべての重要な数学的公式そして結果を説明している。また、これらの知識を直接利用することができるように説明および各種の表も備えている。

目次

  • 1 ファイバ・光通信システム
  • 2 光学の概観
  • 3 光波の基礎
  • 4 光集積導波路
  • 5 光ファイバ導波路
  • 6 光源
  • 7 光検出器
  • 8 結合器およびコネクタ
  • 9分配器
  • 10 変調
  • 11 ノイズおよび検出
  • 12 システム設計

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ