デュルケム社会学の方法と対象

書誌事項

デュルケム社会学の方法と対象

F・シャゼル著 ; 夏刈康男訳

いなほ書房, 1986.11

タイトル読み

デュルケム シャカイガク ノ ホウホウ ト タイショウ

大学図書館所蔵 件 / 58

注記

発売:星雲社

内容説明・目次

内容説明

われわれが本書において注意を注ぐのは『社会学的方法の規準』とその他の若干の著作で明示された重要な教訓に対してである。われわれは第1章と第2章の重要な一部分と、同時に第5章の大部分を取り出して考察する。第2章については、方法論の実証的研究に優先権を与えることとし、経済学と価値理論に関する節についてはとくに触れず、批判部分そのものは無視した。

目次

  • 第1部 社会学的方法の諸規準(社会学の対象;社会的諸事実の観察に関する諸規準;社会学的説明とあらゆる還元主義の拒否;社会的諸変化の特殊性と歴史哲学の放棄)
  • 第2部 『方法の規準』以後のデュルケムの方法論的省察(自殺、昼間の長さそして社会的時間;自殺と離婚;デュルケム自信によってみられた彼の方法論的貢献;社会学的方法)
  • デュルケムに関する著作
  • デュルケムの生涯と著作

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN00729713
  • ISBN
    • 4795262233
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    fre
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    152p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ