農村と労働の法社会学 : 磯田進教授還暦記念

書誌事項

農村と労働の法社会学 : 磯田進教授還暦記念

潮見俊隆 [ほか] 編

一粒社, 1975.10

タイトル別名

農村と労働の法社会学

タイトル読み

ノウソン ト ロウドウ ノ ホウシャカイガク : イソダ ススム キョウジュ カンレキ キネン

大学図書館所蔵 件 / 120

この図書・雑誌をさがす

注記

内容:法社会学における村落構造論-戦後法社会学史の一齣(潮見俊隆) 入会の解体とその要因(渡辺洋三) 村落類型論からみた農村家族の構造(江守五夫) 農業資産相続特例法案とGHQ(利谷信義) 意識分析-相続と農業経営資産(稲本洋之助) 労働関係における経済と法(氏原正治郎) 労働契約における契約の推定操作について(秋田成就) タフト・ハートレー法下のユニオン・ショップ制(外尾健一) イギリスの危険物責任-ライオンズ準則の消長(望月礼二郎) ドイツ共産党の設立とその法理(小山博也) ガイウス法学提要における自由身分の論理(吉野悟) 法社会学と私(磯田進) 座談会 労働法研究の回顧(語り手:磯田進 司会:秋田成就)

磯田進教授略歴: p433-434

磯田進教授作品目録: p435-447

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN01103285
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    447p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ