ハプスブルク帝国1809-1918 : オーストリア帝国とオーストリア=ハンガリーの歴史

書誌事項

ハプスブルク帝国1809-1918 : オーストリア帝国とオーストリア=ハンガリーの歴史

A.J.P.テイラー著 ; 倉田稔訳

筑摩書房, 1987.6

タイトル別名

The Habsburg monarchy 1809-1918 : a history of the Austrian empire and Austria-Hungary

ハプスブルク帝国 : 1809〜1918年

タイトル読み

ハプスブルク テイコク 1809-1918 : オーストリア テイコク ト オーストリア ハンガリー ノ レキシ

大学図書館所蔵 件 / 188

内容説明・目次

内容説明

現代ヨーロッパ国家の原像を探る。近代の中欧・東欧にまたがる大帝国=超民族的王朝国家が、内部にかかえる民族問題、近隣諸国との外交問題に苦悩しつつ、第1次大戦によって崩壊するまでの過程を描く。

目次

  • 近代ハプスブルク帝国歴代皇帝と治世
  • 第1章 王朝
  • 第2章 民族
  • 第3章 旧絶対主義メッテルニヒのオーストリア
  • 第4章 三月前期
  • 第5章 急進派の暴動、1848年の革命
  • 第6章 自由派の時期、憲法制定議会
  • 第7章 新絶対主義、シュヴァルツェンベルクとバッハの体制
  • 第8章 連邦主義と中央集権主義との闘争、10月特許状と二月勅令
  • 第9章 立憲的絶対主義、シュメアリングの体制
  • 第10章 古きオーストリアの終り
  • 第11章 二重帝国の成立
  • 第12章 自由派の凋落、オーストリアにおけるドイツ人の優勢
  • 第13章 ハプスブルクの復活、ターフェの時代
  • 第14章 混乱の時期、ターフェからバーデニーへ
  • 第15章 1867年以後のハンガリー、カーロマン・ティッサとマジャール人ジェントリー
  • 第16章 民主主義の装い、ハプスブルク帝国の小春日
  • 第17章 暴力による解決
  • 第18章 暴力の報い、ハプスブルク家の終り
  • エピローグ 王朝なき人民

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ