書誌事項

評論

亀井秀雄他著

(日本文学講座 / 日本文学協会編, 8)

大修館書店, 1987.11

タイトル読み

ヒョウロン

大学図書館所蔵 件 / 251

内容説明・目次

内容説明

遠く古代において、詩とは何かを問うことが批評精神の始まりであった。やがて明治の初め、「文学」は、新しい知の体系の中にその位置を得て成立する。—今、あらためて「文学」とは何かを問う。

目次

  • 近代文学理念の生成—西周・兆民・鼎軒・重昂・鑑三(亀井秀雄)
  • 作家の復権—鴎外・〈登場人物〉・〈書き手〉・〈作者〉の通路(田中実)
  • 想と実の諸相—人生相渉論争を中心に(小沢勝美)
  • 自然主義と反自然主義の接点—時代の転換期への凝視として(中島国彦)
  • 啄木と時代—「渋民日記」と「食ふべき詩」を中心に(米田利昭)
  • 大正期の思想と文学(松沢信祐)
  • 白樺派の志向—我孫子刊行会本をめぐって(紅野敏郎)
  • プロレタリア文学評論—伝統回避の問題をめぐって(国岡彬一)
  • 近代批評の地平—「小林秀雄批評圏」をめぐって(高橋敏夫)
  • 平野謙と思想戦—〈近代の超克〉の問題をめぐって(杉野要吉)
  • 戦後《民主主義文学》像の断面(小笠原克)
  • 江藤淳の「1960年」(高田知波)
  • 初期文学論の形成—『文鏡秘府論』から古今的表現へ(渡辺秀夫)
  • 王朝歌論の形成—古今集序から公任まで(難波喜造)
  • 物語批評の変貌—『源氏物語』蛍巻を中心に(野村精一)
  • 中世歌論の発現—俊成・定家(近藤潤一)
  • 連歌論・俳論(山下一海)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ