現代アメリカ社会とパーソンズ : Parsons

書誌事項

現代アメリカ社会とパーソンズ : Parsons

高城和義著

日本評論社, 1988.1

タイトル読み

ゲンダイ アメリカ シャカイ ト パーソンズ : Parsons

大学図書館所蔵 件 / 168

注記

文献:p275-285

内容説明・目次

内容説明

本書は、時論的性格をもつパーソンズの現代アメリカ社会論を分析対象とすることによって、従来のパーソンズ研究の欠を埋めようとする、一つのささやかな試みである。そのため本書においては、パーソンズの時論的認識と理論的認識との統一的理解に、意を用いたつもりである。

目次

  • 第1章 第二次大戦とパーソンズの行動(大戦勃発時のアメリカ社会;「アメリカ防衛・ハーヴァード・グループ」とパーソンス)
  • 第2章 大戦期パーソンズの社会認識(ナチズム論;アメリカ社会把握;対独・対日占領政策論;第二次大戦とアメリカ的社会科学)
  • 第3章 多人種社会アメリカとパーソンズ(アメリカ的価値体系と「包摂」のパラダイム;ユダヤ系移民の包摂問題;カソリック系移民の包摂問題;パーソンズ学の基本的性格)
  • 第4章 黒人問題とパーソンズ(黒人の包摂問題;教育における黒人問題;「積極的差別解消策」と晩年パーソンズ;黒人と貧困問題)
  • 第5章 現代アメリカ社会の統合理論(アメリカ社会の統合構造;ウォーターゲート事件にみられる統合過程;アメリカ社会の価値変動)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ