書誌事項

西洋における生と死の思想 : 西洋精神史入門

泉治典, 渡辺二郎編

(有斐閣選書, [878])

有斐閣, 1983.6

タイトル別名

西洋における生と死の思想 : 西洋精神史入門

タイトル読み

セイヨウ ニオケル セイ ト シ ノ シソウ : セイヨウ セイシンシ ニュウモン

大学図書館所蔵 件 / 126

注記

内容: まえがき(泉治典, 渡辺二郎), 執筆者紹介, 第1編: 古代(1「古代東方における生と死の意識」-5「ストアの知恵と生死の倫理」), 第2編: 中世(6「中世の人びとと超越への憧れ」-8「コーランにおける生と死」), 第3編: 近世(9「受苦としての人間」-13「死によって否定される人間の存在とは何か」), 第4編: 現代(14「ニヒリズムとしてのドイツ思想の展開」-19「現代生物学と生命倫理」)

収録内容

  • 古代東方における生と死の意識 / 並木浩一 [執筆]
  • ホメロスにおける生と死の諸相 / 川島重成 [執筆]
  • ソクラテスの死とプラトンの哲学 / 戸塚七郎 [執筆]
  • キリスト教における死と復活 / 泉治典 [執筆]
  • ストアの知恵と生死の倫理 / 野町啓 [執筆]
  • 中世の人びとと超越への憧れ : 修道と終末論的希求について / 古田暁 [執筆]
  • ダンテ『神曲』にみる愛と浄罪 / 川西進 [執筆]
  • コーランにおける生と死 / 牧野信也 [執筆]
  • 受苦としての人間 : ルターとキルケゴール / 柏原啓一 [執筆]
  • 近代情念論と人間観の問題 : フランス・モラリストを中心として / 伊藤勝彦 [執筆]
  • カントの理性信仰 / 量義治 [執筆]
  • ゲーテにおける「死」の問題 / 小塩節 [執筆]
  • 死によって否定される人間の存在とは何か : ヘーゲルにおける「死」の思想 / 加藤尚武 [執筆]
  • ニヒリズムとしてのドイツ思想の展開 : カントからニーチェまで / 西尾幹二 [執筆]
  • 生の深みを見つめて : トルストイとドストエフスキーの場合 / 川端香男里 [執筆]
  • フロイトにおける生と死 / 馬場謙一 [執筆]
  • 「死へとかかわる存在」と「限界状況」 : ハイデガーとヤスパースの場合 / 渡辺二郎 [執筆]
  • ウィトゲンシュタインと倫理学 : 「語り得ぬことについては、沈黙しなければならない」 / 黒崎宏 [執筆]
  • 現代生物学と生命倫理 / 川喜田愛郎 [執筆]

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN02509139
  • ISBN
    • 4641023468
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xi, 309p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ