建礼門院右京大夫 : 追憶に生きる

書誌事項

建礼門院右京大夫 : 追憶に生きる

松本寧至著

(日本の作家, 18)

新典社, 1988.9

タイトル別名

追憶に生きる建礼門院右京大夫

タイトル読み

ケンレイモンイン ウキョウ ノ ダイブ : ツイオク ニ イキル

大学図書館所蔵 件 / 158

注記

略年譜: p259-265

主要参考文献: p266-268

内容説明・目次

内容説明

王朝から中世へ、歴史の一大転換期に清盛の女徳子に仕え、平資盛・藤原隆信と恋愛し、平家の滅亡を目のあたりにした建礼門院右京大夫は、その後の五十有余年を資盛との愛にすがり、『建礼門院右京大夫集』を書き遺した。本書は、自身も僧籍にある著者が、人生無常を基調に、学殖を傾けて綴った感動の書。

目次

  • 序章 無常と常住
  • 第1章 人と作品
  • 第2章 右京大夫とその家系
  • 第3章 右京大夫の呼称
  • 第4章 宮仕え
  • 第5章 平資盛
  • 第6章 藤原隆信
  • 第7章 愛別夢幻
  • 第8章 蒼波千里
  • 第9章 落日の平家
  • 第10章 歎きに耐えて
  • 第11章 深山寂光
  • 第12章 星空燦然
  • 第13章 再出仕
  • 第14章 しのばしき昔の名
  • 終章 追憶の日々

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ