小説から遠く離れて

書誌事項

小説から遠く離れて

蓮實重彦著

日本文芸社, 1989.4

タイトル読み

ショウセツ カラ トオク ハナレテ

大学図書館所蔵 件 / 98

内容説明・目次

内容説明

村上春樹、井上ひさし、丸谷才一、村上龍、大江健三郎、中上健次などの代表作に説話論的な還元を施しつつ、本書自らが限りなく「小説的」たらんとする画期的な長篇評論。

目次

  • 世紀末的な恍惚に導かれて
  • 権力が委譲されるとき
  • 推理と冒険
  • 同じであることの誘惑
  • 双生児の誕生
  • 類似の裏切り
  • 創造主と被造物
  • 試練と神託
  • 過失と告白
  • 完璧な捨子を求めて
  • 継承と反復
  • 小説の無根拠な生成
  • 分身と激励
  • 神話的三角形の世界
  • 王者の孤独
  • 起源なき生誕
  • 装置と形式
  • 長篇小説の新たな定義に向けて
  • もう一つの風俗小説論
  • 中継点としての長篇小説

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ