書誌事項

社会分業論

E.デュルケム著 ; 井伊玄太郎訳

(講談社学術文庫, [873],[874])

講談社, 1989

タイトル別名

De la division du travail social

タイトル読み

シャカイ ブンギョウロン

大学図書館所蔵 件 / 199

内容説明・目次

巻冊次

上 ISBN 9784061588738

内容説明

19世紀末、急激な資本主義化がもたらした無規制状態への危機感のなかで、デュケルムは「分業」の機能に着目し、社会変動のしくみを解明しようとした。本書第一編においては、有名な「機械的連帯から有機的連帯へ」という仮説が展開される。分業の発達に由来する連帯は、あたかも有機体のように、人間個人の個性を増大させながら社会全体を発展させるのである。フランス社会学を代表し、現代思想の源流をかたちづくった古典的名著。

目次

  • 第2版序文 職業的団結についての若干の注意
  • 第1版序文
  • 序論 本書が解決すべき問題
  • 第1編 分業の機能(この機能を決定する方法;機械的な連帯または類似による連帯;分業による連帯または有機的な連帯;以上のものについての他の立証;有機的連帯の漸次的優越とその諸結果;有機的連帯の漸次的優越とその諸結果(続);有機的連帯と契約的連帯)
巻冊次

下 ISBN 9784061588745

内容説明

社会が大きくなり、密度を高めるのに正比例して、分業は必然的に発展する。分業の進歩は、一方で激しい生存競争を引き起こし、また一方では競争者たちに共存の可能性を与えるであろう。本書で、デュルケムは分業の原因を仔細に検討し、さらに分業の病理学的形態の分析を通して、社会的連帯の正しい発展方向を展望する。道徳的秩序の確立、個人的人格の開花、闘争なき人類社会の創造…デュルケム社会学の実践的主題は、大きく深い。

目次

  • 第2編 原因と条件(分業の進歩と幸福の増加;原因;第二次的要因—集合意識の漸次的不確定化とその原因;第二次的要因〈続〉遺伝;以上からの帰結)
  • 第3編 異常的諸形態(無規制的分業;拘束的分業;その他の異常形態)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN03353942
  • ISBN
    • 4061588737
    • 4061588745
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    fre
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    2冊
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ