書誌事項

柳亭種彦

伊狩章著

(人物叢書 / 日本歴史学会編集)

吉川弘文館, 1989.10

  • : 新装版

タイトル読み

リュウテイ タネヒコ

大学図書館所蔵 件 / 137

注記

略年譜: p349-355

参考文献: p356-358

内容説明・目次

内容説明

『偐柴田舎源氏』によって一世に高名を馳せた旗本戯作者。江戸城大奥を写したものとされて、天保の改革に伴う筆禍事件を惹記し、失意のうちに生涯の幕を閉じる。流行作家としての人気の絶頂と転落—本書は綿密な史料操作とその全作品批判とをあやなして、従来殆どなされなかった種彦伝を見事に構成する異色作である。

目次

  • 第1 生いたち
  • 第2 青年期
  • 第3 処女作時代
  • 第4 文界進出
  • 第5 流行作家時代
  • 第6 『偐柴田舎源氏』
  • 第7 その死

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

  • 人物叢書

    日本歴史学会編集

    吉川弘文館 1985.6- 新装版

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN03823966
  • ISBN
    • 4642051740
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    11, 358p, 図版 [2] p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ