進歩がまだ希望であった頃 : フランクリンと福沢諭吉

書誌事項

進歩がまだ希望であった頃 : フランクリンと福沢諭吉

平川祐弘[著]

(講談社学術文庫, [910])

講談社, 1990.1

タイトル読み

シンポ ガ マダ キボウ デ アッタ コロ : フランクリン ト フクザワ ユキチ

大学図書館所蔵 件 / 83

注記

シリーズ番号の記述はカバーによる

内容説明・目次

内容説明

『フランクリン自伝』は18世紀アメリカが後世に遺す文学上の傑作だが、『福翁自伝』は19世紀日本が世界に伝える無比の作品である。フランクリンと福沢諭吉は、克明な観察者、八面六臂の啓蒙家として、米国独立と明治維新を生き抜いた。この偉物を分析して、日米精神史上の対比評伝を私は本書で試みた。「前へ、前へ」それが2人の歩調だが、それは進歩がまだ希望であった頃の時代精神だったにちがいない。

目次

  • 日米の好一対
  • 白石と諭吉
  • フランクリンの略伝
  • 福沢の略伝
  • こくめいな人
  • 封建的秩序への反撥
  • Get Away
  • 食うこと、飲むこと
  • 着ること、着ないこと
  • a self‐made man
  • 外国語の知識
  • 弁論の術
  • 無宗教者の宗教論
  • われら神を信ず
  • 科学上の実験
  • 新しい語彙の発明者と輸入者
  • 社会上政治上経済上の発見
  • 民主的な文章家
  • 「資本主義の父」
  • 福沢の武家根性
  • 銭の国たるべし
  • 福沢の「拝金宗」
  • 明治初年のフランクリン熱
  • 金剛石も磨かずば
  • USEという観念
  • D・H・ロレンスによる福沢批判
  • 国木田独歩の場合
  • 蜉蝣
  • 植村正久の弔辞
  • 一身二生
  • 「プロテスタンティズムの倫理と日本資本主義の精神」
  • 独立自尊
  • 費府と土佐の西の端の柏島
  • 教養小説の系譜の上で
  • 日本におけるフランクリンの運命
  • 日米文学史上の両自伝の位置
  • ハーン対佐久間信恭
  • 語り口の由来

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN0431234X
  • ISBN
    • 4061589105
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    285p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ