書誌事項

世紀末異貌

高山宏著

三省堂, 1990.6

タイトル読み

セイキマツ イボウ

大学図書館所蔵 件 / 99

注記

異貌のビブリオグラフィー:巻末p1〜11

内容説明・目次

内容説明

百貨店やサーカスが誕生し、旅行や探偵小説が流行し、オリンピックが始まる。—社会全体にかかわる大きなうねりとしての、もうひとつの「世紀末」。

目次

  • 表象の世紀末—ルイス・キャロル発信
  • ホームズもタロットカードも—データベースの文化史へ向けて
  • 奇書『ロジェの宝典』の世紀末
  • 白のメトドロジー—詩人ステファヌ・マラルメの世紀末
  • 「夢」の回収—分析医ジークスント・フロイトの世紀末
  • ロスト・ワールド幻想—驚異な旅人ジュール・ベルヌの世紀末
  • テクストの勝利—吸血鬼ドラキュラの世紀末
  • 切り裂きテクスト—殺人鬼切り裂きジャックの世紀末
  • 病患の図表—小説家G.K.チェスタトンのアンチシステム
  • 探偵と霊媒—推理作家アガサ・クリスティーの世紀末
  • 商人アリスティッド・ブーシコーの世紀末
  • 広告王フィニア・バーナムの世紀末
  • 男爵ピエール・ド・クーベルタンの世紀末
  • 死と球体—画家バーン・ジョーンズとベックリーンの世紀末
  • アンドロメダ・チェイン—ジェーンダー・イデオロギーの表象機械
  • 女たちの部屋のなかの〈南〉—ティソ、マカルト、そしてジャン・レオン・ジェロームの世紀末
  • 群れの図像学—『アリス』の寓話
  • 世紀末ミクロ・ソサエティー
  • Elle s’est pass´ee…—1850年代へ/からの「道」

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ