書誌事項

社会教育実践の展開

社会教育基礎理論研究会編著

(叢書生涯学習 / 社会教育基礎理論研究会編著, 2)

雄松堂出版, 1990.9

タイトル読み

シャカイ キョウイク ジッセン ノ テンカイ

電子リソースにアクセスする 全1

大学図書館所蔵 件 / 204

注記

執筆: 中田スウラほか

内容説明・目次

目次

  • 序 社会教育実践の展開
  • 第1部 戦後および1950年代の社会教育実践(自己表現への希求から共同化へ—戦後および1950年代の学習;戦後農村青年の主体形成と演劇活動—戦後初期木曽妻篭公民館運動を中心に;「共同学習」論提唱への歩み—山形県連合青年団を事例として;日本青年団協議における「共同学習」提唱の背景;稲取の実験社会学級「話し合い学習」の意義をめぐって)
  • 第2部 1960年代の社会教育実践(共同性の稀弱化と新たな学習の模索;草の実会の学習活動—学習講座「人間のあゆみ」と室俊司の社会科学学習論;国立市公民館市民大学セミナー—「戦後20年と婦人の歩み」にみる成人の学習方法論)
  • 第3部 1970年代の社会教育実践(対話的学習の創造;中野区のPTA運動と学習活動—江原小学校校舎改築運動を中心に;長野県松川町公民館の健康学習—社会教育実践における専門職員の役割)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

  • 叢書生涯学習

    社会教育基礎理論研究会編著

    雄松堂出版 1987-

    所蔵館1館

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN05365603
  • ISBN
    • 4841901094
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    viii, 292p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ