ドイツ・ロマン主義の世界 : フリードリヒからヴァーグナーへ

書誌事項

ドイツ・ロマン主義の世界 : フリードリヒからヴァーグナーへ

神林恒道編

法律文化社, 1990.10

タイトル読み

ドイツ ロマン シュギ ノ セカイ : フリードリヒ カラ ヴァーグナー エ

大学図書館所蔵 件 / 173

内容説明・目次

目次

  • 序(ロマン主義とは何か;古典主義対ロマン主義—ラファエロをめぐって;新しい芸術としての風景画)
  • 1 新しい芸術(「山上の十字架」とラムドール論争;憧憬の表現・ルンゲのアラベスク的風景;ルンゲの色彩論とゲーテ ほか)
  • 2 中世回顧としてのロマン主義(シュトラースブルク大聖堂とゲーテ;ヴァッケンローダーとティーク;ヴェーバーのオペラ「魔弾の射手」;ロマン的憧憬の殉教者 シューマン;飛翔と回帰 ヴァーグナーとブラームス;ルートヴィヒ二世のロマン主義 ほか)
  • 3 新時代の動き(シュピッツヴェークとメンツェル;マレーとフィードラー;パウラ・モーダーゾーン・ベッカー、生命の讃歌 ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ