書誌事項

歴史小説論

大岡昇平著

(同時代ライブラリー, 47)

岩波書店, 1990.11

タイトル読み

レキシ ショウセツロン

大学図書館所蔵 件 / 121

内容説明・目次

内容説明

作家大岡昇平の晩年、30年にも及ぶ「歴史小説」にたいする博捜は徹低を極めた。その真摯な思索は透徹し、洞察に満ち、また同時代の文学・思想状況へ生き生きとした目配りがあり、その論の行くところにはいつも知的な興奮が湧き起こった。たえず小説と批評の間を往還した文学者大岡昇平。その文学の醍醐味を一冊とした。

目次

  • 1 歴史小説論(歴史小説の発生;日本の歴史小説;歴史小説の美学;歴史其侭と歴史離れ;江馬修『山の民』;現代史としての歴史小説;歴史小説論;歴史小説の問題)
  • 2 森鴎外(『堺事件』疑異;『堺事件』の構図—森鴎外における切盛と捏造;『堺事件』批判その後)
  • 3 文学表現の特質

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN05577689
  • ISBN
    • 4002600475
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    v, 277p
  • 大きさ
    16cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ