書誌事項

統合と分化のなかのヨーロッパ

宮島喬, 梶田孝道編

有信堂高文社, 1991.7

タイトル読み

トウゴウ ト ブンカ ノ ナカ ノ ヨーロッパ

大学図書館所蔵 件 / 178

内容説明・目次

内容説明

’93EC統合。東欧革命のうねりをうけつつもすすむ—それは「静かな革命」とよぶべきだろう。しかし後世の歴史は、未曽有の巨大な革命とよぶかもしれない。先進社会の変動のゆくえ。地域・民族・文化・言語問題を軸にみきわめる先駆的試み。

目次

  • 序章 ヨーロッパの社会的・文化的変動への接近
  • 1章 EC統合と地域の変貌—トランスナショナルな空間の創出
  • 2章 「国境なきヨーロッパ」と移民労働者—EC統合下の問題のゆくえ
  • 3章 〈新しい市民権〉と市民社会の変容—移民の政治参加とフランス国民国家
  • 4章 フランスにおけるイスラム移民2世の排除と統合—教育と文化の問題を中心に
  • 5章 挾撃されるイギリス多文化主義教育—ムスリム・コミュニティとハニフォード事件
  • 6章 西欧における第三世界の女性移民—あらたな自己意識形成の背景
  • 7章 カタルーニャ地域主義の政治的展開—自治政党CDCの発展とジレンマ
  • 8章 ディグロッシーと南欧の言語運動—多元化社会における言語認識
  • 9章 民族アイデンティティとバスク語教育運動—国家と地域の変容のなかで
  • 10章 EC流「国家離れ」と少数言語の可能性

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ