タイヤの科学 : 走りを支える技術の秘密

書誌事項

タイヤの科学 : 走りを支える技術の秘密

御堀直嗣著

(ブルーバックス, B-930)

講談社, 1992.8

タイトル読み

タイヤ ノ カガク : ハシリ オ ササエル ギジュツ ノ ヒミツ

大学図書館所蔵 件 / 122

注記

参考図書:p215

内容説明・目次

内容説明

自動車と道路とを結びつけるタイヤ4本の接地面積は週刊誌1冊分にすぎない。その小面積でタイヤは1トン以上の車体を支え、厳寒期や炎天下の過酷な条件下でも時速100キロを超えるスピードで楽々と車を走らせ、止めることができる。一見したところ、何の変哲もない黒いタイヤだが、その内外には自動車の走行性と安全性を支える数々の巧妙な工夫がこらされている。そのタイヤ構造の秘密をさぐり、上手な使い方を紹介する。

目次

  • 1 タイヤは進化する
  • 2 タイヤの外観から構造まで
  • 3 タイヤの諸子百家
  • 4 グリップはなぜ起こる?
  • 5 安全な走りを得るために
  • 6 快適さを求めて
  • 7 タイヤテスト
  • 8 ピレリP7の父、メッザノーテは語る
  • 9 レーシングタイヤの世界
  • 10 世界のタイヤ事情
  • 11 タイヤは生きている

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN07966557
  • ISBN
    • 4061329308
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    215, vp
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ