書誌事項

熊野修験

宮家準著

(日本歴史叢書 / 日本歴史学会編, 48)

吉川弘文館, 1992.9

タイトル読み

クマノ シュゲン

大学図書館所蔵 件 / 139

注記

参考文献: p307-310

熊野修験関係略年表: p311-315

内容説明・目次

内容説明

修験道は、熊野修験の影響を受けて組織化された諸霊山や山伏が、教派修験に再編され、里修験化しながら展開していった。しかし修験道史の中枢をなす熊野修験は未だ体系的に論じられていない。本書は、新出史料により熊野修験が最も活況を呈した中世に焦点を当てて、その思想と儀礼、成立、展開、各地での活動を跡づけたものである。

目次

  • 第1 熊野三山の成立と展開
  • 第2 熊野修験の思想と儀礼
  • 第3 熊野の荘園
  • 第4 熊野の先達と檀那
  • 第5 熊野権現の伝播
  • 第6 熊野修験の展開
  • 熊野修験関係略年表

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

  • 日本歴史叢書

    日本歴史学会編

    吉川弘文館 1963.10-

    月報

    所蔵館6館

詳細情報

ページトップへ