書誌事項

相転移と臨界現象

W. ゲプハルト, U. クライ共著 ; 好村滋洋訳

(物理学叢書 / 小谷正雄 [ほか] 編, 62)

吉岡書店, 1992.11

タイトル別名

Phasenübergänge und kritische Phänomene

相転移と臨界現象

タイトル読み

ソウ テンイ ト リンカイ ゲンショウ

大学図書館所蔵 件 / 220

注記

原著(Braunschweig:Vieweg,1980)の全訳

文献目録: p329-347

内容説明・目次

内容説明

相転移論は20世紀物理学を通じて流れる一つの大きい主題である。本書では、この主題を、難解な内容にもかかわらず、あまり数式を用いず、実験例との対応を明らかにするため123の図や表を用いて分り易く解説している。

目次

  • 1 基礎概念
  • 2 一次相転移
  • 3 静的臨界挙動、普遍性およびスケール法則
  • 4 多重臨界挙動
  • 5 動的臨界挙動
  • 6 くりこみ理論および臨界挙動
  • 7 展望

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

  • 物理学叢書

    小谷正雄 [ほか] 編

    吉岡書店 1954.12-

    所蔵館2館

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN08365257
  • ISBN
    • 4842702427
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    ger
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    x, 362p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ