書誌事項

ハイドン/モーツァルト

アントン・ノイマイヤー著 ; 礒山雅, 大内典訳

(現代医学のみた大作曲家の生と死)

東京書籍, 1992.10

タイトル別名

Musik und Medizin : am Beispiel der Wiener Klassik

タイトル読み

ハイドン モーツァルト

大学図書館所蔵 件 / 56

注記

Musik und Medizin.の翻訳

文献:p315〜317

内容説明・目次

内容説明

ハイドンの頭蓋骨はどこにいったのか。モーツァルトは本当に毒殺されたのか。大作曲家の人間と音楽を、現代医学の観点から問い直し、作品解釈の新たな展望を拓く医学評伝。

目次

  • 序章 「音楽と医学」というテーマについての考察
  • ハイドン(成長期;成功への道;ロンドンにて ほか)
  • モーツァルト(成長期;最初の精神的葛藤;ザルツブルクとの訣別;区切りとしての父の死 ほか)
  • 主治医たちの略歴

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ