書誌事項

ポスト植民地主義の思想

G. C. スピヴァック著 ; S. ハレイシム編集 ; 清水和子, 崎谷若菜訳

彩流社, 1992.12

タイトル別名

The post-colonial critic

タイトル読み

ポスト ショクミンチ シュギ ノ シソウ

大学図書館所蔵 件 / 152

注記

原書の出版事項: New York : Routledge , c1990

内容説明・目次

内容説明

インド生まれの脱構築派マルクス主義フェミニストが、新植民地主義システムにおける女性やアジア、アフリカの多様な位置を示し、ヨーロッパのポスト構造主義理論を逆撫でする。

目次

  • 0 編集者によるノート
  • 1 批評、フェミニズム、そして制度
  • 2 ポスト・モダン状況—政治の終焉?
  • 3 戦略、自己同一性、書くこと
  • 4 文化的自己表現/代表の問題
  • 5 マルチ文化主義の諸問題
  • 6 植民地以後の批評家
  • 7 カルカッタからの消印—インド
  • 8 オープン・エンドの実践政治
  • 9 『政治介入』のためのインタヴュー
  • 10 『ラディカル・フィロソフィー』とのインタヴュー
  • 11 暴力の構造と駆け引きする
  • 12 新歴史主義—政治的コミットメントとポスト・モダンの批評家

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN08517264
  • ISBN
    • 4882022400
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    310p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
ページトップへ