火の神(アペフチカムイ)の懐にて : ある古老が語ったアイヌのコスモロジー

書誌事項

火の神(アペフチカムイ)の懐にて : ある古老が語ったアイヌのコスモロジー

松居友著 ; 小田イト語り

JICC出版局, 1993.3

タイトル別名

火の神の懐にて

タイトル読み

アペフチカムイ ノ フトコロ ニテ : アル コロウ ガ カタッタ アイヌ ノ コスモロジー

大学図書館所蔵 件 / 62

内容説明・目次

内容説明

北海道を終いの住処ときめた著者が、ひとりのアイヌの古老とじっくり膝をまじえ、話を聞いた。その古老の語ることばや、生き方のなんと黄金のようにきらめいていることか。—死と葬儀と引導渡し、臨死体験と死後霊、鮭の霊送り、熊送り、一匹の蝿も神になるなど、神々と人間の交歓を描いて、アイヌの精神文化と豊かな世界に私どもを誘ってくれる。

目次

  • 誕生の丘、神々に囲まれて
  • 移住、大地は個人の所有物ではない
  • 家は聖堂であり主人は祭司
  • 最初の記憶、父さんの死
  • 彼岸への思い、墓標は死者を送る杖
  • 天界の方位と世界像
  • 死者の国は、どこにあるのか
  • 死と葬儀と引導渡し
  • 死後の霊の状態〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN08804506
  • ISBN
    • 4796605878
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    284p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ