書誌事項

山と渓谷 : 新編

田部重治著 ; 近藤信行編

(岩波文庫, 緑(31)-142-1)

岩波書店, 1993.8

タイトル別名

新編山と渓谷

タイトル読み

ヤマ ト ケイコク : シンペン

大学図書館所蔵 件 / 200

注記

解説・地図:p301-323

内容説明・目次

内容説明

ワーズワース、ペイター研究で知られる著者は北アルプスの麓の村の産。毎朝、家の前の流れで顔を洗い、白雪を戴く立山、剣の山々を仰いで育った。戦前戦後を通じて数多くの読者を山に誘なった、英文学者・登山家の山の随筆・紀行文集。

目次

  • 山に入る心
  • 山は如何に私に影響しつつあるか
  • 薬師岳と有峰
  • 奥大日岳より白馬岳まで
  • 烏帽子岳より東沢を経て立山温泉に至る
  • 槍ケ岳より日本海まで
  • 毛勝山より剣岳まで
  • 小川谷より針ノ木峠まで
  • 上高地渓谷
  • 甲州丹波山の滞在と大黒茂谷
  • 秩父の印象
  • 数馬の一夜
  • 白峰三山
  • 美ヶ原と霧ヶ峰
  • 山を憶う
  • 新緑の印象
  • 峠あるき
  • 溯行の喜び
  • 母の郷里
  • 想い起こす人々
  • 現代山岳文学について

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ