書誌事項

中岡慎太郎 : 維新の周旋家

宮地佐一郎著

(中公新書, 1146)

中央公論社, 1993.8

タイトル読み

ナカオカ シンタロウ : イシン ノ シュウセンカ

大学図書館所蔵 件 / 192

注記

中岡慎太郎略年譜: p246-251

主要参考部文献と関係資料: p252-254

内容説明・目次

内容説明

幕末怒涛の時期、日本の大道に開眼した中岡慎太郎は土佐、下関、九州、京都を往来して公卿を訪ね、雄藩を結び、陸援隊を組織して討幕と新国家樹立に奔走した。一方『時勢論』を執筆して維新を啓蒙指導し、“世界の中の日本”を視野に入れた国家像を描いている。郷里の復興と自立に尽力する庄屋見習の若者を、維新回天の事業に駆り立てた原動力は何か。慎太郎の思想形成を土佐南学、万葉学の系譜に辿り、維新の周旋家の実像を照射する。

目次

  • 序章 評価—岩倉、三条の痛惜
  • 第1章 風土—土佐南学と万葉学
  • 第2章 出生—北川村の大庄屋
  • 第3章 大道—土佐勤王党、五十人組
  • 第4章 上洛—象山訪問、容堂謁見
  • 第5章 脱藩—三田尻招賢閣、禁門の変
  • 第6章 奔走—五卿九州遷座、薩長同盟
  • 第7章 周旋—防長四境戦、『時勢論』
  • 第8章 討幕—薩土密約、陸援隊
  • 第9章 最期—近江屋の一夜
  • 中岡慎太郎略年譜

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN09530814
  • ISBN
    • 4121011465
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    254p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ