三種の神器 : 西洋人の日本文化史観

書誌事項

三種の神器 : 西洋人の日本文化史観

クルト・ジンガー[著] ; 鯖田豊之訳

(講談社学術文庫)

講談社, 1994.2

タイトル別名

Mirror, sword and jewel

タイトル読み

サンシュ ノ ジンギ : セイヨウジン ノ ニホン ブンカ シカン

大学図書館所蔵 件 / 140

内容説明・目次

内容説明

ドイツの経済学者ジンガーは、昭和六年に来日し、東大等で政治経済学を講じた。日本の風習と文化に深く心惹かれたジンガーは、日本人の心の深層に残る民族的遺産として三種の神器に着目し、鏡・剣・勾玉を正義・英知・敬虔という日本人の徳目の象徴と捉えた。中国と日本の生活観・芸術観を西洋人の立場から比較し、〈日本的なもの〉の本質を考察するなど、今なお新鮮さを失わない日本文化論の名著。

目次

  • 第1章 幼年期の四季
  • 第2章 霧に閉ざされた文化
  • 第3章 自然のるつぼ
  • 第4章 調和の流れの法則
  • 第5章 少数の法則
  • 第6章 日本文化の幾何学的解釈
  • 第7章 日本と中国の比較
  • 第8章 書道・詩歌・禅
  • 第9章 サムライ—伝説と現実

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN10330663
  • ISBN
    • 4061591134
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    286p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ