書誌事項

とりかへばや、男と女

河合隼雄著

(新潮文庫, か-27-1)

新潮社, 1994.2

タイトル読み

トリカエバヤ オトコ ト オンナ

大学図書館所蔵 件 / 44

内容説明・目次

内容説明

性が入れ替わったまま成長する男女を描いた王朝文学『とりかへばや』。一見、荒唐無稽に思われる物語には深く重層的な心のタペストリーが隠されていた。「男らしさと女らしさ」「自我とエロス」「美と倫理」—。分裂していた要素は物語の中で結び付き、性差や社会的枠組みをしなやかに超えていく。深層心理学の立場から“たましいの現実”を見据え、男女の境界の危うさと心の謎を探る。

目次

  • 第1章 なぜ『とりかへばや』か
  • 第2章 『とりかへばや』の物語
  • 第3章 男性と女性
  • 第4章 内なる異性
  • 第5章 美と愛
  • 第6章 物語の構造

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN10411856
  • ISBN
    • 4101252211
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    278p
  • 大きさ
    16cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ