ポラニーとベルグソン : 世紀末の社会哲学

書誌事項

ポラニーとベルグソン : 世紀末の社会哲学

佐藤光著

(Minerva人文・社会科学叢書, 1)

ミネルヴァ書房, 1994.5

タイトル読み

ポラニー ト ベルグソン : セイキマツ ノ シャカイ テツガク

大学図書館所蔵 件 / 193

注記

注記: 各章末

人名索引: 巻末 p1-3

参照文献: 巻末 p5-13

内容説明・目次

内容説明

終りなき世紀末。現代産業文明への危機意識を内包していた社会哲学との対話の試み。

目次

  • 序論 二十世紀末のポラニーとベルグソン
  • 1 市場経済と社会の二重運動—ポラニーの社会哲学(二重運動論再考;戦後日本の二重運動;ポラニーの社会主義思想)
  • 2 「閉じたもの」と「開いたもの」の弁証法—ベルグソンの社会哲学(産業主義、民主主義、大衆社会、そして宗教;エラン・ヴィタル試論)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN10703625
  • ISBN
    • 4623023990
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    x, 285, 13p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ