書誌事項

分子から見た脳

川合述史著

講談社, 1994.6

タイトル読み

ブンシ カラ ミタ ノウ

大学図書館所蔵 件 / 150

注記

編集: 講談社サイエンティフィク

文献: 各章末, 索引:巻末

内容説明・目次

内容説明

脳の伝達物質とその受容体の分子機構から、脳の病気や記憶と学習などの高次機能までをダイナミックに解説。

目次

  • 1 脳の伝達物質と受容体
  • 2 アセチルコリン—伝達物質の老舗
  • 3 グルタミン酸—脳内最大のシェア
  • 4 GABAとグリシン—抑制の代表
  • 5 生理活性アミン—感情を支配する分子
  • 6 伝達物質のトランスポーター—情報分子の運び屋
  • 7 細胞内情報伝達系—裏舞台で活躍する分子群
  • 8 イオンチャンネルとそのスーパーファミリー—分子神経生物学の華麗なる成果
  • 9 神経毒—神経系研究の切り札
  • 10 記憶と学習—脳の最大の謎に迫る
  • 11 麻薬・覚醒剤—薬効の明暗
  • 12 脳の病気と分子遺伝学—急速に進展する分野
  • 13 分子神経学の実験方法

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ