フランス絵画の「近代」 : シャルダンからマネまで

書誌事項

フランス絵画の「近代」 : シャルダンからマネまで

鈴木杜幾子著

(講談社選書メチエ, 64)

講談社, 1995.12

タイトル読み

フランス カイガ ノ キンダイ : シャルダン カラ マネ マデ

大学図書館所蔵 件 / 152

注記

注・参考文献: p221-231

内容説明・目次

内容説明

西欧絵画の権威「歴史画」は近代化の過程でいかに変質したか。画布に描かれたイメージ—性・裸体・東洋人—のはたす「社会的機能」とはなにか。誰でも知っている名画をよみ直し、新たな鑑賞の視線を提案する。

目次

  • 第1章 家庭という名のユートピア—母‐女中‐台所
  • 第2章 「理想的家庭」の呪縛—母‐父‐息子‐娘
  • 第3章 男女イメージの対比から女のイメージの消去へ
  • 第4章 戦争画における裸体—オリエンタリズムの問題
  • 第5章 ロマン主義絵画の裸婦
  • 第6章 裸婦の「織物」
  • 第7章 歴史画の死と裸婦

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ