書誌事項

クニオとクマグス

米山俊直著

河出書房新社, 1995.12

タイトル別名

クニオ (柳田國男) とクマグス (南方熊楠)

Kunio to Kumagusu

タイトル読み

クニオ ト クマグス

大学図書館所蔵 件 / 109

注記

國男・熊楠生活史対照表: p273-278

引用・参考文献: p279-287

内容説明・目次

内容説明

柳田国男・南方熊楠。二人の巨人の遭遇。この近代日本で生涯をおくった二人の人物—巨人ともいわれ、天才ともいわれたこの二人のライフヒストリーを並行してたどってみる。…スパークのような接触をもちながら、結局別々のコースを描いて世を去った経緯を見る。いわば双曲線のような二つの人生の軌跡を追う。…また、この二人が先達の役割を果たした、日本のミンゾクガク—民俗学と民族学という、同音異字の、しかもきわめて近い学問の生成と発展について考える。

目次

  • 旅立ちまでの二人
  • 若き日々
  • 出会いと別離
  • 日本民俗学誕生とその後
  • 到達点を超えて

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BN13768718
  • ISBN
    • 4309241654
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    289p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ